空き家解消プロジェクト

空き家が問題だったアパートを
利用ターゲットに沿って
リノベーション。
S-FITの総合力を活かして
お客様に合った収益プランを採択

案件の始まり

弊社、グループ会社の「株式会社 S-FITケア 」が運営するデイサービスのご利用者様、N様から、所有している不動産についてご相談を受けたのが案件の始まりでした。 N様はデイサービスのグループ会社が不動産業だという事を知り、「所有しているアパートが何年も空き家の状態。何とか有効活用をできないか。」と、ご相談を頂きました。 実際、所有しているアパートは空室が長期間続いたため、現状のままでは貸し出しができず、敷地内も勝手に車が停められるなど防犯面での不安もありました。

不動産開発事業部から、3つの解決案を提案

S-FITの不動産開発事業部は解決策を3つ提案。
1つ目は、売ってまとまった現金を得るもの
2つ目は、リノベーションをして安定した賃貸収入を得るもの
3つ目は、解体し駐車場として固都税の維持を図るもの
「10年後には自宅と賃貸アパートを併せて建て替えたい」とのオーナー様の希望により、リノベーションに決定する。
立地は若者に人気の高円寺。エリア分析や、マーケット調査に基づき、ターゲットを絞ります。
「2LDK」の間取りから、ターゲットにとって使いやすい「1LDK」に変更し、独立キッチンやリビング使用のできる大きな洋室を設計に取り入れた。
ある商品を売るのではなく、お客様の状況に合わせたプランを柔軟に提案できるのも、S-FITの強みです。

リノベーションプランの提案

工事費用や査定費用から、S-FITは契約形態についても3つのプランを提示。
賃貸経営を自分で行うシンプルな「リノベーションプラン」、査定賃料の80%をS-FITが一定期間借り上げして経営代行をする「リノ保証プラン」、工事費をS-FITが負担し査定賃料の10%を借り上げする「タダリノ」
今回はN様が自ら工事費が用意できることから、「リノベーションプラン」を採用し、実施に至った。
完成した建物は白×木を基調としたファサードへ生まれ変わる。波版を取り払い古さも払拭することができた。
室内は小窓の付いたデザイン性のある1LDK。
募集をかけると、空き室が埋まり始め、1か月で満室となった。
S-FITが提供できるワンストップソリューションにより幅広い選択肢を提供できたことが、今回のオーナー様の無理のないリノベーションの実現につながった事例となっている。