トップページ > オーナー様へ > 空室でお困りの場合

オーナー様へ

空室でお困りの場合

空室の対策は、まず“現状把握”から

オーナー様のお悩みは数多くあるかと思いますが、一番聞きたくないのは“空室”ではないでしょうか?
【伝わっていない】【適正価格ではない】【物件の問題】【場所の問題】
空室が出てしまうポイントは上記のどれか、もしくは組み合わせが考えられます。

物件の情報が貸主に伝わっていない。

入居者募集を行う際、はじめにオーナー様が思い浮かべることは、“近隣にいかにアピールするか”でしょう。近隣に比重を置くのは正しいことですが、一方で近隣にしか行っていないのであれば、空室リスクを高める恐れもあります。
その物件に住みたいと思う人は、他エリアにもたくさんいます。まずは、物件の地域の特性を把握しエリア分析をすることをおすすめします。

>関連する記事「的確な募集活動」

「物件の見せ方」を工夫する

例えば、仲介業者に行くと必ずみる「マイソク」。たくさんの物件情報から、まず「見つけてもらう」ことも大事です。「興味をもってもらえる販促をしましょう」ということです。
物件を魅力的に見せる努力をせず、露出だけを増やしてもPR効果は高まりません。物件の長所を引き出し、それを的確に表現する広告をつくる。こういった積み重ねが問い合わせを増やすことになります。

>関連する記事「独自の販促方法」

家賃の相場は日々変わる。今の家賃ほんとに正しい?

最近、募集をかけてもイマイチ反応が悪い……。その最大の理由は、物件が競争力を失っていることが原因かもしれません。昔は適正だった家賃も、エリア内の相場が下がれば、相対的に割高になります。競合物件を調べ、適正な家賃の相場を検討しましょう。

>関連する記事「的確な募集活動」

強化すべきは営業力?それとも、物件力?

入居者が決まらない時は、原因を探るのが先決です。募集をかけても問い合わせが少ない場合は、営業力不足。広域エリアへのアプローチが有効です。これに対して、内見申込みは結構あるのに最終決定に至らない場合は、物件力不足。リノベーションによって仕様を見直す、フリーレントや契約者プレゼントなどで付加価値をつける必要があります。

>関連する記事「的確な募集活動」

こんなお悩みは、S-FITが解決します!

まずはお気軽にご相談ください。
どんな事でも丁寧にお答えさせていただきます。

株式会社S-FIT プロパティマネジメント事業本部

ページトップへ戻る