トップページ > オーナー様へ > 入居者とのトラブルでお困りの場合

オーナー様へ

入居者とのトラブルでお困りの場合

賃貸経営の空室問題以外の様々なトラブル

賃貸経営のトラブルは、家賃滞納だけでなく、予想もしていなかったトラブルが発生することも考えられます。
しっかりとした入居審査を行なうことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

家賃滞納対策

入居者の『家賃滞納』を防ぐには、きちんとした入居基準等を設け、入居審査を行うことが発生の防止につながります。

家賃滞納が発生した場合

『家賃滞納』が発生した場合、請求後にすぐ入金され、正常に戻ればいいですが、長期にわたって滞る場合や、その後も延滞が続く場合があります。滞納が繰り返したり、長期化しないような対応が必要になります。

早めに催促をする

期日に入金が確認がとれない場合は電話や通知等の方法で早めに催促をしましょう。また、滞納の理由の確認や延滞改善について注意を行ったほうがいい場合もあります。

滞納の長期化・再発予防

電話や通知等の方法でも入金や滞納が改善されない場合は、連帯保証人へ連絡、請求書又は解約・明け渡しの申し入れなどの法的手段を行いこともあります。

>関連する記事「安定した長期運用」

入居者同士・入居者と近所のトラブル

家賃以外にもいろいろなトラブルに対応する必要があります。
家賃滞納の問題以外で多いのが、「入居者同士のトラブル」です。
騒音問題やゴミ出しのルールを守らないなど、集合住宅ではいろいろな人が生活をするので、ちょっとしたいざこざは避けられない問題です。あまり問題が大きくなると入居者の退去問題につながりかねませんので、慎重な対応が必要です。
 問題解決には、契約や法律など、オーナー様が取り扱うには難しいこともあります。不動産会社や管理会社にサポートしてもらいつつ、問題を解決するようにしましょう。

>関連する記事「安定した長期運用」

こんなお悩みは、S-FITが解決します!

まずはお気軽にご相談ください。
どんな事でも丁寧にお答えさせていただきます。

株式会社S-FIT プロパティマネジメント事業本部

ページトップへ戻る