トップページ > 事業内容 > 賃貸目線のリノベーション

事業内容

賃貸目線のリノベーション

仲介事業をビジネスの柱に、
改装費用をムダにしないための
「機能改善」と「デザイン」発想

S-FITでは、見た目を変えるだけのリノベーションを提案することは絶対にありません。私たちが初めに考えるのは、「規定する入居者が何を求めているのか?」の一点のみ。個々の担当者が積み重ねてきた経験則と「ヘヤギメ!」で収集したデータを基に、入居者のニーズを徹底的に洗い出すことからプロジェクトがスタートします。併せて、オーナー様の今後の経営方針を伺いながら、「機能改善」と「デザイン」の2つの軸をベースにして提案を行っていきます。「機能改善」とは物件の老朽化した設備を直したり、新築当時のレベルに原状回復することで、一般的にリフォームと呼ばれています。リノベーションとは「機能改善」+「デザイン」です。
「機能改善」+「デザイン」の両方を行えば、根本からその物件を変えることもできますが、実はその必要があるのはごく一部。決まらない理由を見つけてそれを改善することで、手を入れなくてよいケースもあります。私たちの仕事は、見た目の良い部屋をつくることではありません。オーナー様の物件の入居率UPに貢献することが弊社の存在意義です。私たちはこれまで200件以上の物件を手がけてきましたが、その全てにおいて「賃貸目線」を大切にしてきました。それが私たちの誇りです。

家賃60,000円に下げても決まらない、空室状態が続いている物件

最寄り駅からの距離は入居者にとって魅力的ですが、内観・外観ともに築年数の古さが目立ち、ひと昔前の設備なので家賃を下げても決まらない状態に。S-FITへの相談が持ち込まれました。

家賃75,000円で決まった!入居待ちが出るほどに変わった「機能改善+デザイン」

ただ間取りを変更するだけでなく、化粧が出来る独立洗面台を設置、間接照明でやさしい空間に見せる、ゆったりとしたスペースのクローゼットを設けるなど、ターゲットである20代前半の単身女性が魅力を感じる要素を盛り込みました。

リノベーションをしても空室のままというリスクが恐い…
そんなオーナー様の不安を解消するS-FITのサブリース契約システム

そんなオーナー様の不安を解消するS-FITのサブリース契約システム
S-FITでは、リノベーションしたお部屋のサブリース契約もご用意しています。施工して終わりではなく、オーナー様とリスク を共有することで、安定運用出来るリノベーションを提案していきます。「万が一」のことを考えて躊躇してしまうオーナー様のお気持ちもよくわかります。サブリース契約を利用すれば「万が一」はなくなります。安心してリノベーションを行い、 物件の輝きを取り戻しましょう。

S-FITのリノベーションプラン

S-FITならではの提案スタイル
あえてリノベーションをおすすめしないことも。

リノベーションすることが必ずしも正解ではない場合もあります。
これは、私たちがオーナー様と同じ経営感覚を持つ管理会社だからできることでしょう。リノベーションしなくても、入居率を高められるケースは多々あります。たとえば物件の見せ方をかえる、広域エリアで募集をかける。入居者が魅力的に感じる企画を加えることで、最小限の費用で決めることもできます。

こんなお悩みは、S-FITが解決します!

まずはお気軽にご相談ください。
どんな事でも丁寧にお答えさせていただきます。

株式会社S-FIT プロパティマネジメント事業本部

ページトップへ戻る